いちご、大好きなので、日本のいちごいちごにショックです泣く
台湾から拒否されていたのですね。。。



台湾は、日本のいちごの残留農薬基準が高すぎるので、
輸入したくありません。。。とのこと。

いろいろな方がfacebookなどで取り上げているので、
ご存知の方も多いと思いますが、
(かくいうわたしもfacebookで知ったのですが)

残留していても市場に出してもOKという基準値が、
台湾は0.01ppmだけど、
日本は、2ppmいちごに残っていてもお店で売ることができるってわけです。

もっとショックなのは、
これで残留農薬基準値を引き下げるのかと思ったら、
輸出用の残留農薬低めのいちごは、別の畑で作るらしい。
国内向けのいちごの農薬使用量は今までどおり・・・

そんなことって。。。(泣)


日本の作物が安心・安全だと思ってちゃいけないってことですねっ


はぁ〜〜〜

そうであれば、こちら(消費者)としましても、

そういったのではない、いちごを探して食べるようにしますわよぷんぷん


きっと日本のどこかには、食べる人の体を考えていちごを作っている農家さんがいるはず。

そういういちごを買えばいいんですnull



からだに毒なものを使ってない作物を買う人が増えれば、

農薬いっぱいの作物が売れなくなって、

食べる人のことを思って作る農家さんが増えて〜〜〜


そうなったら、いいなぁ〜〜



ペットも同じ気がします。

ペットショップで買う人が減れば、

ペットショップの生体販売が無くなって、

安易に買う(飼う)人も減って、

殺処分も減って、

ガス室で死ぬ子もいなくなって、

そこで働く人も別の職場に移れて。。。

そうなったら、いいです。
そうなります!


オーガニックの作物、
お値段、高いですねとほほ

でも、草をむしったりあせ

虫よけ頑張ったりあせ

お手間がかかり、大変だもの。

手間賃と思って買っています。



たくさんの人が買い支えれば、

今はオーガニック農や自然農は少数派だけど、

いずれはもっと盛んになるかもしれないなぁ〜、と。

買い支えるというとなんとも上から目線ですがあせ


スーパーで普通に売られているものに危険なものはないと思ってしまいますよね。

ペットフードも同じと思います。

病院で出されるいわゆる処方食だから心配ないと思ってしまう。

以前、病院でいただいた処方食の原材料を見ておどろいて、

悩んだ結果、「ちがう方法で改善しよう」といろいろ模索して、

うちの子は約2年近く病院にお世話にならずにすんでいます。


何を選び、与えるかは、飼い主さん次第。

からだに毒なものを選ばないことは、

健康で長生きのために必要なことのひとつですね。

でも、

何を基準に選んだらいいか、よくわかりませんよね。

なので、

お店が先に選んでおいてくれたら、安心!

と思いまして、

ビバヴェルデ本牧では、

当店独自のルールに適合した商品のみを取り扱っています。

 
クローバー 

ビバヴェルデ本牧の

「生きる基本となる、毎日安心して与え続けることのできる食品」

ルール 


・人工保存料、保湿剤、着色料、香料、不使用


・副産物(○○ミール)、ビートパルプ、動物性脂肪、不使用

・ふすま、小麦粉、大豆、コーン、グルテン、不使用

・遺伝子組換え作物、不使用

・飼料にも遺伝子組み換え作物など粗悪なものを使用していないこと

・ホルモン剤、抗生剤を過剰投与されていないこと

・砂糖、卵、塩、乳製品を使用していないこと

・化学合成されたビタミン・ミネラル、不使用

・防虫剤や防カビ剤を散布された長期貯蔵の穀類、不使用


クローバー


このようなルールの基、

こっそりビバヴェルデ本牧では、

すてきな卵を販売しています目玉焼きニコ

やますけ農園さんのたまご

ここは、アニマルウェルフェアという考えのもと、

鶏さんやひよこさんが、

鶏さんらしい生活をしています。

のびのびとしていて、自由ですにわとり星

鶏舎にぎゅうぎゅう詰めで卵を産まされているのではありません。

ぎゅうぎゅう詰めにすると感染症が……で、

抗生剤やらワクチンやら打ちましょう…とか、になってしましますが、

ここの鶏さんたちは、

そんなストレスもフリーキラキラ

卵にも無添加とか、ナチュラルとかいう概念があるんだぁ〜〜

...と、食べるとすっきりする、というか、

雑味がないって、すばらしい味だなぁ〜〜と思うたまごなんですよきらきら

そんなわけで、みなさまにもご賞味いただきたく、

こっそりと、在庫があるときだけ:)販売しています。

この卵も、

「生きる基本となる、毎日安心して食べ続けることができる食品」なのです!

アニマルウェルフェアという考えかたが広まって、

ぎゅうぎゅう詰めで、一生を終える動物がいなくなるといいなぁ〜〜



羽  羽  羽  羽  羽  羽  羽



ビバヴェルデ本牧はこれからも、

いぬさんも、ねこさんも、飼い主さんも、

みんな こころもからだも 健康を目標に、

ペットとの生活を楽しむお手伝いをしていきたいと思ってますきらきら

よろしくおねがいします
:)
 

1

Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

フェイスブックはこちら☆

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM